<< 京都から帰ってドタバタ | main | ツインズ〜不二の場合 >>

10月は牛久ろう!

牛久る〜? 行く行く!!

ってことで、コミックシティSPARKの連休に、牛久に行くことになりました。
気が早いんですが、たのしみでございます。
大仏大仏〜♪

で、気分良く、牛久にいくためにも、原稿・・・がんばります!

やっぱり内容は、不二ツインズネタで行きます。(高校生設定でいこう)


青学テニス部部長の手塚、青学の天才・不二周助は、
同級生であり好敵手であり親友であった。

「僕、実は双子なんだよ」
「…裕太君とか? 年子だろう?」
「違う違う。双子の姉がいるんだけどね、小学校6年生くらいの時からずっと留学してて」
「小学生の時って、親戚でも居るのか?」
「おばあちゃんが向こうにいるんだけど。それよりも、父さんがイギリスで仕事してるから。
姉が父さんっ子で、『パパと一緒にいる』って駄々を捏ねちゃって。それで向こうに」
「日本には戻ってきてないのか?」
「うん。休みの時に、僕たちが向こうに行ってるって感じ」

「そうか。俺達が出逢ったのは中学に入ってからだから、知らなくても仕方ないか」

「その姉が、帰ってくるんだ」

日本に数年ぶりに帰国した不二の双子の姉・あまねは、不二と見た目が瓜二つで…
おそろいの服を着ていようものなら、家族以外は区別が付かないであろう。

ただ、性格は…温厚で微笑みを絶やさない不二と、活発で笑いを絶やさないあまね…
正反対の性格の二人に、手塚は振り回されていくのであった―――



この先は、BL展開になるか、ノーマル展開になるか・・・って感じの分岐が待っている〜
ってことで、がんばってみます。
posted by: ゆり助 | つれづれ日記 | 22:34 | comments(1) | - | - | - |
コメント
 
2010/07/21 12:16 PM
Posted by:
双子話書いてくださるんですね!
ありがとうございます〜〜楽しみにしておりますっv